ヴィクトリーモーターサイクルズ

ヴィクトリーモーターサイクルズ
Victory Motorcycles Japan

究極のモダン・アメリカン・モーターサイクル、ヴィクトリー。

現代的で洗練されたデザインとフォルム。
フリーダムVツイン106CIエンジンが生み出す、胸のすくようなハイパワー。
たとえどんなライディング・スタイルであろうとも、
ライダーの意志に忠実に応え続けるポテンシャル。
過酷な走行試験を徹底的に繰り返し、高められたクオリティ。

それまでの固定概念を根底から覆し、
「アメリカン・モーターサイクル」を再定義すること。
それがヴィクトリーに課せられた使命です。

貴方のモーターサイクルへの情熱に、果たして応えることができるか。
貴方の人生にとって最高のライディング・エクスペリエンスを、提供できるか。

その答えをぜひ、お近くのヴィクトリー正規ディーラーで、確かめてみてください。

鉄のプレートに刻まれたミッション。
それは、社員の心にも深く刻まれている。

ヴィクトリーモーターサイクルズ開発社屋の壁に埋め込まれた、鉄のプレート。
それはモーターサイクルへの情熱とメーカーとしての責任を、つねに思い起こさせ、導いてくれる。
最高のモーターサイクルを、世界中のライダーへ提供するために。

ヴィクトリー。その先にある未来。

1998年
7月4日、アイオワ州スピリットレイクにて「ヴィクトリー・モーターサイクル」誕生。
1999年
ヴィクトリー初の量産モデル「V92C」が、サイクル・ワールド誌「クルーザー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。
2000年
今までにないスポーティ・クルーザー「ザ・ヴィクトリー・スポーツクルーザー」登場。
2002年
新開発「フリーダム 92ci Vツインエンジン」登場。
2003年
「ヴィクトリー・ベガス」登場。クルージング・ライダー誌「2003年バイク・オブ・ザ・イヤー」を受賞。
2004年
「キングピン」登場。V-ツイン誌「2004年V-ツイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。
アレン&コーリー・ネスの限定車シリーズを発表。
2005年
「ハマー」登場。モーターサイクル・クルーザー誌「2005年クルーザー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。
「100 ci 6速Vツインエンジン」登場。
2006年
「ベガス・ジャックポッド」登場。2006年フォーブスドットコム「ベスト・アメリカン・バイク」を受賞。
2008年
「ヴィクトリービジョン」が、モーターサイクリスト誌「2008年モーターサイクル・クルーザー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。
ローライダーカテゴリー中、最もシートが低いタイプとして開発された「べガス・ロウ」登場。
「ヴィクトリービジョン」10周年モデル登場。
2010年
「クロスロード」及び「クロスカントリーツアー」登場。